SR18
2016年12月7日
M-Track2x2 / 2x2M
2016年10月6日
Show all
1音色(プログラム)変更時の音声出力について

A: EWI5000は大容量サンプルデータを用いたPCM音源を使用しております。音色(プログラム)の変更を行うと選択した音色データの読み込みが行われますが、読み込み途中に演奏を行った場合に、音の途切れやノイズなどが発生する場合がございます。音色データの読み込みが完了してから演奏されることをお勧めします。読み込み時間は、音色によって異なりますが、およそ2〜7秒程度となります。

2ファームウエア・アップデート手順(バージョン:1545)

リリースノート:

オートパワーオフの設定が追加され、「オフ、10分、20分、30分」から選択できるようになりました。

  1. SETUPボタンを押しながら、ホールド・ボタンまたはインターバル・ボタンを押し、「Ao」を表示させ、SETUPボタンを離します。
  2. ホールド・ボタンまたはインターバル・ボタンを押して、オートパワーオフの設定を行います。
    • OF:オフ
    • 10:10分
    • 20:20分
    • 30:30分
  3. 設定が終わりましたら、最後にSETUPボタンを押し、セットアップ・モードから抜けます。

アップデート手順

  1. EWI5000の日本語ページから、または英語ページから、ファームウエア・アップデート・ファイルをダウンロードします。
  2. EWI5000のファームウェアアップデートとの干渉を防ぐために、すべてのオーディオ&MIDIデバイスをコンピュータから取り外します。
  3. EWI5000をUSBケーブルでコンピュータと直接接続します(USBハブを介さずに)。5ピンMIDIケーブルでの接続やワイヤレスでは接続されません。
  4. EWI5000 Editorソフトウエアを起動して、図のボタンをクリックし、「Controller」モードに切り替えます。ボタンに「Controller」と表示されていることを確認します。
    EWI5000
  5. 画面右下の「Update」ボタンを押し、ダウンロードしてあるファームウエア・ファイルをブラウズして選択します(例:aw50_mp_20140821_1545.syx)。
    EWI5000
  6. 数秒で処理が終わり、EWI5000本体のディスプレイに「Gd」と表示されればアップデート完了です。コンピュータの画面に「When the EWI 5000 displays 'Gd' on it's LED display, disconnect it from USB and reconnect it.」というメッセージが出たら、「OK」ボタンを押して、EWI5000のUSBケーブルを一旦抜いてコンピュータからの接続を解除し、もう一度接続し直します。
    EWI5000
  7. EWI5000 EditorソフトウエアがEWI5000を再認識し、ウインドウ内が再表示されましたら、画面右下の「Firmware Versaion: 」を確認し、最新になっていれば(例:1545)、アップデート作業は終了です。
    EWI5000
3宮崎隆睦氏のワンポイント・アドバイス!
宮崎隆睦

EWI5000は、サックスなどの生楽器と同じように、息のコントロールで音量や音色が変化します。もし自分の息で強弱をつけづらいと感じたら、下記のブレス・センサ設定の変更をしてみましょう!多少重めのセッティングになりますが、より繊細な表現が行えるようになります。

宮崎隆睦 Miyazaki Takahiro

オフィシャルサイト

13歳のときからサクソフォーンを始め、16歳のときに地元のジャズクラブなどで音楽活動を開始。米バークリー音楽院に留学し帰国後、1998年にT-SQUAREに加入。フロントマンとして耳に残る数々のプレイを展開。2000年T-SQUARE脱退後に、サックスはもちろん、EWIの国内の代表的なプレーヤとしてソロやユニット、バンドなど多彩な活動を開始。

プレス・センサ設定標準設定オススメ設定
VO(ボリューム)OF(オフ)Hr
(ハイ・レゾリューション)
EP(エクスプレッション)OF(オフ)Hr
(ハイ・レゾリューション)

この設定は、EWI5000本体でもできますし、お手持ちのコンピュータがあれば「EWI5000 Editor」ソフトウエアを使っても行えます。

本体での設定手順

  1. SETUPボタンを長押しして、セットアップ・モードに入ります。
  2. SETUPボタンを押したまま、ホールド・ボタンまたはインターバル・ボタンを押して、ディスプレイにbS(Breath Sensor - ブレス・センサ)と表示させます。
    宮崎隆睦氏のワンポイント・アドバイス!
  3. SETUPボタンを離すと、現在のモードがディスプレイに表示されます。ホールド・ボタンまたはインターバ ル・ボタンを押してvo(ボリューム)を選択します。
    宮崎隆睦氏のワンポイント・アドバイス!
  4. TRANSボタンを何度か押し、画面にHrを表示させ、指を離すとvo表示の上に.(ドット)が点灯します。
    宮崎隆睦氏のワンポイント・アドバイス! 宮崎隆睦氏のワンポイント・アドバイス!
  5. 次に、ホールド・ボタンまたはインターバル・ボタンを押して、ディスプレイにEP(エクスプレション)と表示させます。
    宮崎隆睦氏のワンポイント・アドバイス!
  6. TRANSボタンを何度か押し、画面にHrを表示させ、指を離すとEP表示の上に.(ドット)が点灯します。
    宮崎隆睦氏のワンポイント・アドバイス! 宮崎隆睦氏のワンポイント・アドバイス!
  7. SETUPボタンを押して、セットアップ・モードを抜けます。

EWI5000 Editorでの設定手順

  1. EWI5000本体と、EWI5000 EditorをインストールしたコンピュータとをUSBケーブルで接続します。
  2. モードボタンをクリックして、Controllerモードにします。
    宮崎隆睦氏のワンポイント・アドバイス!
  3. SettingsページのBreathタブをクリックします。
  4. Volume(vo)Expression(EP)High Resolution(HR)にチェックを入れます。
    宮崎隆睦氏のワンポイント・アドバイス!

以上でセッティング完了です。EWIの表現力の高さをご自身でご確認ください!

4EWI5000とアンプのセットアップ

EWI5000の演奏は「アンプ内蔵スピーカ」と接続して行います。「ケーブルでアンプと接続する場合」と「ワイヤレス受信機を使用する場合」のセットアップ例を下記に紹介します。

ケーブルでアンプと接続する場合

  1. アンプ内蔵スピーカに1/4インチ標準プラグ・ケーブルを接続します。
    ケーブルでアンプと接続する場合
  2. ケーブルのもう片方をEWI5000のLINE出力端子へ接続します。EWI5000のLINE出力端子はステレオ仕様です。接続先がモノラル端子の場合は、TRS(ステレオ)端子ではなくTS(モノラル)端子の標準プラグ・ケーブルをご使用ください。
    ケーブルでアンプと接続する場合
  3. EWI5000、アンプ内蔵スピーカの順番で電源を入れ、アンプ内蔵スピーカやEWI5000本体のレベルを調節して演奏を行います。
    ケーブルでアンプと接続する場合

ワイヤレス受信機を使用する場合

  1. アンプ内蔵スピーカとワイヤレス受信機を1/4インチ標準プラグ・ケーブルで接続します。同梱のUSBケーブルでワイヤレス受信機と付属のUSB電源アダプタを接続し、アダプタを電源コンセントに接続します。この状態で、レシーバのPAIR LEDが点滅します。
    ワイヤレス受信機を使用する場合
  2. EWI5000のPOWERボタンを押して電源をオンにします。BANKボタンの隣にあるPRESET LEDが点滅します。更に、EWI5000のWIRELESSスイッチをオンにすると、自動的にワイヤレス受信機とのペアリングが行われ、EWI本体のPRESET LEDとワイヤレス受信機のPAIR LEDが点灯します。
    ワイヤレス受信機を使用する場合
  3. アンプ内蔵スピーカやEWI5000本体のレベルを調節して演奏を行います。
5EWI5000の設定を出荷時の状態に初期化するには?

初期化手順

  1. EWI5000をコンピュータやUSBチャージャーと接続している場合には、接続を解除します。
  2. 電源ボタンを1秒間押し続け、EWI5000の電源をオフにします。
  3. SETUPボタン、TRANSボタン、FXボタン、LEVELボタンの四つのボタンを押します。 EWI5000
  4. 上の四つのボタンを押したまま電源ボタンを2秒間押し続け、EWI5000の電源をオンします。 EWI5000
  5. すべてのボタンを離します。この操作で設定は初期化されます。(初期化の処理が行われている間の数分間は、ディスプレイにLEDが回転するような表示がされます。)
6EWI5000内蔵電池を長持ちさせるためには?

EWI5000の電池はリチウムイオン電池となっております。

リチウムイオン電池は特性上、電池残量が少ない状態で長時間放置すると「過放電」という状態となり、電池の劣化につながります、また場合によっては使えなくなってしまいます。

LEVELボタンを押しながらFXボタンを押すことで、本体ディスプレイに数字2桁で電池残量の確認が行えます。

電池残量が10未満にならないようにすることで過放電防止につながりますので常に電池残量を確認しておきましょう。

継ぎ足し充電による充電池の劣化も殆どありませんので、電池残量は常に30-90%前後を意識するようにし、長期使用しない場合はバッテリー充電後、本体より取り外して保管するようにお願い致します。


ブランド別サポート概要

FAQをご参照いただいても問題が解決しない場合、お使いの製品のブランドをご確認の上、サポートページからご連絡ください。

Support

お電話でのサポート

既に製品をお使いの方やご購入を検討中の皆様の、製品についての疑問・質問・問題点等をサポートさせていただきます。

03-6277-2231

受付時間

11:00〜20:00
(月〜金曜日・祝祭日は除く)

 

ご意見・ご要望をお寄せください


弊社ではお客さまの声を参考に、製品・サービスの改善に取り組んでおります。お客さまにご満足いただけるサービスの提供を目指しておりますので、ご意見・ご要望をフォームからお寄せください。

すべてのご意見・ご要望は、更なる製品・サービスの改善に役立てるために使用し、個別にご回答のお約束は出来ませんのでご了承ください。


ツールバーへスキップ